中学受験に向かない子について

子供に中学受験をさせようと中学受験専門の塾に入れる親は多いです。
でも、すべての生徒が中学受験を無事に終了でできるものではありません。
途中で挫折してやめてしまうという生徒も少なくないのが、現実です。
では中学受験に向かない子というのはどのような子供なのでしょうか?まずは、勉強が嫌い、あるいは学ぶことの意欲がない子です。
中学受験というのは公立小学校で学ぶ範囲よりもかなり広範囲の分野を学ばなければなりませんし、難易度も高いです。とにかく塾だけでなく家庭学習もしっかりやらなくてはならないので、勉強が嫌いだったり机に向かうのが嫌いということでは、話になりません。
また、だれかにやらさせているとか嫌々やっている子では続きません。
なぜ今勉強しなければならないのかという目的意識を持てない子には過酷な受験は乗り越えられないのです。
中学受験に向かない子はいるので、そういう場合は早いうちに受験は高校受験にすると方向転換したほうがいいのです。
受験で緊張するときはこのサイトを見て参考にしてください。